麦秋の始まり。(4日)

180604IMG_3853.jpg

180604IMG_3854.jpg

180604IMG_3858.jpg

180604IMG_3863.jpg
道端のタチアオイ。

180604IMG_3866.jpg

180604IMG_3850.jpg
玄関前のサツキ。

180604IMG_3847.jpg
クジャクサボテン。

180604IMG_3845.jpg
アマリリス。2本目の花。

あっという間に麦が色づいて来た。遠くの山の雪も少なくなって、稲も青くなってきた。
2018-06-09(Sat)
 

2日の上高地は青空。

180602IMG_3696.jpg
大正池も池の中の木は殆ど無くなっている。観光客は外国の方が多い。

180602IMG_3704.jpg
焼岳が静かな池に映っている。

180602IMG_3706.jpg
穂高連峰には雲がかかっていた。

180602IMG_3709.jpg
唐松の新緑の中を行く仲間。

180602IMG_3734.jpg
梓川と河童橋の奥に焼岳。

180602IMG_3736.jpg
樹下の清流。

180602IMG_3741.jpg

180602IMG_3730.jpg
コナシ平らから穂高連峰。

180602IMG_3767.jpg
花はラショウモンカズラ。

昨日は青空で、暑くなった。畑の草も伸びているが日中は暑くて作業は出来ない。何故かジャガイモの葉っぱが弱って、黄色くなっているが,まだ採れない。少し動いただけで汗をかくこの季節、体調管理も気を付けなければ、2年前のようなことになる。昨日は真夏日、31度を超えたらしい。気が付けばスイレンの水が無くなっていた。水路の水を、バケツ5,6杯汲んで入れた。これでまた汗だく。でも体重は減らない。
2018-06-08(Fri)
 

緑、みどりの上高地へ(2日)

180602IMG_3657.jpg
紅花イチヤクソウ。

180602IMG_3675.jpg

180602IMG_3677.jpg

180602IMG_3683.jpg

180602IMG_3687.jpg

180602IMG_3689.jpg

180602IMG_3690.jpg

180602IMG_3691.jpg

180602IMG_3694.jpg

10日ほど前に、仲間を連れて行ってロケハンしていたナビ先生が、紅花イチヤクソウが丁度良いころと誘ってくれたが、涼しい日が続いていたので、花は、ほとんど進まず、その頃のまま。上高地と言えば河童橋周辺の梓川が好きで、コナシ平らまで行った。

昨日から松本も梅雨入りらしい。小雨が降って、畑の野菜や庭木を潤してくれた。
2018-06-07(Thu)
 

鉢植えのバラも盛りで芳香が漂う(30日)

180530IMG_3556.jpg

180530IMG_3559.jpg
房咲きのバラが、芳香を放っている。

180530IMG_3565.jpg
ミニバラも良い姿に咲いて。

180530IMG_3577.jpg
春まきのチンゲンサイに花が咲いて、モンシロチョウが留まって動けない。

180530IMG_3579.jpg
庭のつつじ。

180530IMG_3584.jpg
オオヤマレンゲ。最後の花に滴が付いていた。

昨日は朝は青空だったが、夕方から曇って、蒸し暑くなった。今は曇っているが、雨は降っていない。いよいよ梅雨入りするらしいが・・・・
2018-06-06(Wed)
 

親海湿原と姫川源流(29日)

180529IMG_3523.jpg

180529IMG_3522.jpg
カキツバタとくさりだま?が、水の少ない湿原に咲いていた。

180529IMG_3525.jpg
カキツバタ。

180529IMG_3528.jpg
遠くのつつじ。ここには近づけない。

180529IMG_3527.jpg
糸トンボ。

180529IMG_3534.jpg
オオカメノキの花。

180529IMG_3541.jpg
マムシグサ。

180529IMG_3544.jpg
姫川源流の梅花藻。

180529IMG_3551.jpg

オンジアースのツアー最終日。この日も良く晴れていた。午前中で終わりなので、鎌池にもう一度行ったので、ここは駆け足の撮影だったが、地元だし、何度も行っているところなので、初めての方も案内できた。

梅雨入りが近いらしいが、昨日はよく晴れて、真夏の日差しだった。緑も濃くなって高原は蓮華つつじも満開になっているらしい。来週はNHK教室の写真展も始まる。珍しくスケジュールが詰まっている。今週は何も予定が無いので、畑の草も取りたいが、昼間は暑くて、やる気も出ない。クジャクサボテンや、アマリリスなど派手な花が咲いている。
2018-06-05(Tue)
 

鎌池はグリーの輝き(28日)

180528IMG_3261.jpg

180528IMG_3270.jpg

180528IMG_3272.jpg

180528IMG_3276.jpg

180528IMG_3286.jpg

180528IMG_3299.jpg

180528IMG_3307.jpg

180528IMG_3322.jpg

180528IMG_3336.jpg

鎌池は木道の工事中で立ち入り禁止になっていたが、この日は仕事がお休みで、許可をもらって入った。緑が綺麗だった。
2018-06-03(Sun)
 

雪が残る隠居池から湯峠へ(28日)

180528IMG_3142.jpg
池の周りの雪も少ない。

180528IMG_3144.jpg
燕万年青?

180528IMG_3159.jpg
林の中から池を覗くが・・・

180528IMG_3176.jpg
先生が探してくれた映り込み。

180527IMG_3188.jpg

180528IMG_3222.jpg
湯峠の道端に、綺麗な水芭蕉があった。

180528IMG_3233.jpg

180528IMG_3237.jpg
タムシバの白い花が見えた。

180528IMG_3226.jpg
谷筋の雪も少ない。

180527IMG_3212.jpg
オオサンショウウオの卵らしい?

藪をかき分けて、池が見えるところへ。藪の中で撮って居たら、先生に呼ばれて行った。邪魔な木もなく、いい映り込みがあった。

2018-06-03(Sun)
 

山の湯の宿、早朝散歩(28日)

180528IMG_3051.jpg
夜も川の音が聞こえていた。谷間に残雪が少しあった。

180528IMG_3057.jpg
流れの上にタニウツギ。

180528IMG_3091.jpg
急斜面の流れ。

180528IMG_3076.jpg
栃の大木に花が咲いている。

180528IMG_3106.jpg
山田旅館と定期バス。

180528IMG_3107.jpg
蔵の横には湧水が出ている。

180528IMG_3114.jpg
燕の巣が軒下に沢山有った。

180528IMG_3117.jpg
水車があったが、どんな働きか?景観?よくわからなかった。

江戸時代から続く湯の宿。山田旅館は源泉かけ流しのお湯。料理は沢山の山菜や、新鮮な魚もあり、年寄りには食べきれない量。ツアー仲間の元力士という方に手伝ってもらった。高齢でも立派な体格、衰えが見えない。やっぱり体力は食に有りか?

昨日は爽やかな晴天で、気になる所の草を掻いてみた。前夜、一時滝のような雨で、しばらく庭や畑の水は心配ない。今日は上高地に誘われている。ツアーに行っていなければ泊まりたいところだが、出かけたばかりで、そうもいかない。山は見えるかな?
2018-06-02(Sat)
 

撮影の人気スポット、青鬼へ(27日)

180527IMG_2995.jpg

180527IMG_3009.jpg

180527IMG_3018.jpg

180527IMG_3027.jpg

180527IMG_3036.jpg

180527IMG_3037.jpg

180527IMG_3042.jpg

午後なので映り込みは期待できないが、翌日は雨模様と思われ、山が見えてるうちに行くことになった。高齢の限界集落と聞く。建物は景観保存に指定されていると言う。静かに、畦に入らないように見せてもらう。田んぼにならず、ハルシオンなどの花畑のようになっているところもあった。

昨日は雨も降ったが、涼しくて、畑の作業も出来た。ハウスの中の胡瓜にアブラムシが付いていると夫に言ったら、これからまだまだ採れる木をもとから抜いてしまって、新しい苗を買ってきている。難聴が進んで、意思疎通が困難になってきた。いちいち筆談も面倒で困っている。胡瓜は近所でも沢山作っているので困らないが、家のが採れるようになるには、少し間がある。
2018-06-01(Fri)
 

撮影ツアーは白馬から(27日)

180527IMG_2968.jpg

180527IMG_2947.jpg

180527IMG_2958.jpg

180527IMG_2980.jpg

180527IMG_2993.jpg

180527IMG_2972.jpg

オンジアースの撮影ツアーは、東京方面の方も見えるので、長野駅前に集合になっている。オリンピック道路を西に向かって走り、宿で荷物を預けて昼食。撮影は1時過ぎから。山が見えているので、白馬大橋から、松川の流れを撮った。続いて青鬼へ。翌日は午前中は隠居池から鎌池。今、木道の修理中で立ち入り禁止だが、作業が休みの日で、入れてもらった。人気の撮影スポットなので、オープンにすると、撮影客などで、とても作業は出来ない。早く終わればいいが…。午後は白池。最後の半日は親見湿原や姫川源流など、盛りだくさんのツアーに、最後まで参加できた。
2018-05-31(Thu)
 
プロフィール

tk雪割草

Author:tk雪割草
雪割草の館へようこそ!信州の自然、風景が好きで、花が好きで写真を楽しんで撮り歩いております。

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR